自分が何をしたらいいかわからない!仕事や私生活の悩みを解決

自分が何をしたらいいかわからない!仕事や私生活の悩みを解決

自分に何があっているのか、家族のために何をするべきなのかお悩みの方は多いのではないのでしょうか?

まず自分が何をしたらいいのか、どう行動すれば良いのか、スタートの時点でつまずいている可能性があります。

自分が何をしたらいいのかわからないのではなく、何から始めるべきかスタート地点をしっかりと定めて自分が進むべき道を明確にしていきましょう。

自分が何をしたらいいかわからない人は、仕事についての行動や私生活、趣味など幅広く説明していきますので最後までご覧ください。

目次

「自分が何をしたらいいかわからない」人の心理

何をしたらいいかわからない方は、行動できないのではなく精神や心理的な部分が要因であることが多いです。

心理的な要因は目に見えない問題なので自分ではなかなか気づきにくい問題である場合が多いです。

自身で気づきにくい問題は、身の回りの人や家族の方が気づいてることもありますので、アドバイスを受けることも大切になります。

心を前に進める方法を理解しておけば行動をスムーズに起こすことができます。

心理的要素として考えられるのは以下の通りです。

自信がない

自信がない方は自分が何をすればいいかわからないのと同時に、何をしても上手くいかないのではないかと心理的にストップをかけています。

心理的なストップが生じている状態では、新たなる道へのスタートもできません。

ストップしている心を開放することは自信を持つことで解消されます。

行動に出さなければスタートしませんので自分の行動に自信を持ち、前に進むことが重要です。

自分なら出来ると心に言い聞かせ最初の一歩を踏み出しましょう。

目標がない

目標がない方は、何をすればいいのかわからなくて自分がどこに目標を立てて進めばいいかわからないのではないでしょうか?

行動を起こすには目標を明確にして目標達成への近道を理解しておくことが重要なのです。

頭の中で理解しておくことは忘れてしまう恐れもありますので、自分で忘れない方法を作っておきましょう。

自分で目標達成へのプログラムをメモなどに書いておくなどいつでも見返すことができるようにしておけばよいでしょう。

失敗することが怖い

行動する前から失敗を恐れていては前に進めません。

行動すれば必ず失敗することもあります。

では、失敗しないためにはどうすれば良いのか?

それは、事前準備をしておくことです。

段取りをしっかり組んでおくことでゴールまでの道のりが明確になりますし、失敗したときは周りの方に協力を求めるなどの対策をとって、失敗を恐れることなく行動することも大切です。

事前準備をしておくことと、失敗した時にはどうすれば良いのかもしっかりと考えておきましょう。

選択肢が多い

選択肢が多い方は、情報が多すぎて悩み行動ができないのではないでしょうか?

ネットでの情報収集が一般的な時代でネット検索すれば膨大な情報を得ることができます。

膨大なデータの中から確実なデータを得るのは大変難しいので、ネットでの情報だけではなく周りの方に聞くことで行動への糸口を見つけることができます。

実体験に勝るものはないのです。

調べたデータをもとに、周りの方に聞いたことも含めて確実な選択への道しるべにしていきましょう。

自分が何をしたいのかわからない【世代別】

何をしたいかというのは、年代によってかなり変化が出てきます。

ここでは世代別に自分が何をしたいのかわからない人のために解説していきます。

20代から50代までと考えた時に考えなければならない事や行動の仕方に大きな開きが出てくるのです。

年代によって感じる物への価値観にも違いが出てきますし、人間関係にも価値観というものが変わってきます。

若い時からしっかりと準備をして年代ごとに人生設計をしていく事で行動の仕方に大きな変化が出てきますので参考にしてください。

自分が何をしたいのかわからない【20代】

20代で悩んでいる方は、成長する第一歩なので20代の行動がとても大切です。

20代になると新社会人や社会人2年目など、社会人生活へのスタートを切った方が多いので周りの環境が重要になります。

行動するための大事なポイントは2つです。

1つ目は趣味を見つけると新しい世界が広がるということです。

趣味を見つける事で、いままで見えなかった選択肢が増えます。

選択肢が増えることで自分にあっているものが明確になるのです。

趣味は仲間を作るきっかけとなり、仲間から学ぶことも多いので相談する仲間ができることは自分が前に進めるきっかけを作ることができます。

2つ目は積極的にチャレンジすることです。

20代では、社会人としてスタートを切ったばかりなので全てがチャレンジです。

チャレンジする前から出来ないだろうとあきらめるのではなく、若い時こそ積極的にチャレンジして経験を積み重ねていく気持ちを持ちましょう。

20代は社会人としてさまざまな問題へぶつかることも多くなりますが失敗を恐れずチャレンジしていきましょう。

自分が何をしたいのかわからない【30代】

30代は、家庭と子供をこれから養っていくにあたって、人生プランを変えたいがどうしたらよいかわからないのではないでしょうか?

人生プランを変えるポイントは2つです。

1つ目は自分のスキルをアップさせることです。

自分が今持っているスキルをさらに高めていくことが重要になってきます。

スキルを高めるためにセミナーなどを利用するのもよいでしょう。

スキルを高めて新たなる一歩や、一段階上のステージにいくことで自分が目標とすることが明確になってきます。

2つ目はカウンセリングを受けるということです。

知識や経験を積み始めてきた30代は、カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

キャリアカウンセラーという職業があり、培ってきた知識と経験をヒアリングして相談者に合った職業やこれからどうするべきかを明確に教えてくれます。

キャリアカウンセラーに相談することで進むべき道を明確にしてくれるきっかけを与えてくれます。

自分が何をしたいのかわからない【40代】

40代は、社会生活で地位が確立されてきている方や子供の進学で困っている方が将来どうすればいいか悩むことが多いと思います。

今後のプランを考えるポイントは2つです。

1つ目は自己投資をすることです。

40代で何をしたいかわからない方は、自身のスキルアップや経営セミナーなどに自己投資してみてはいかがでしょうか?

40代になると基礎的なスキルが完全に確立され、会社では役職者であることが多いです。

転職を考えるというより、今のスキルをさらに磨きをかけるためのセミナーへ自己投資をしてください。

2つ目は転職をすることです。

長年働いてきて今の会社に不満を持っている方もいるのではないでしょうか。

そんな方は働く環境を変えるべく転職を考えるのも1つの手です。

会社の経営に対する考え方や方針について不満を持っている方は、環境を変えて新しい道へ進むのも良いでしょう。

新しい環境でスタートすることで新たなる出会いやモチベーションにもいい影響が出てきます。

自分が何をしたいのかわからない【50代】

50代は社会生活も終盤を迎え、子供たちも自立してきたときに新しい道を考え何をすればいいか悩んでいるのではないでしょうか?

50代の方へのポイントは2つです。

1つ目は人生プランの見直しを考えることです。

50代で何をしたいかわからない方は、今後の人生プランを見直してみてはいかがでしょうか。

子供が成人し手を離れたことで働き方が変わり、今まで自身が本当にやりたかったことへチャレンジできます。

本当にやりたかったことにチャレンジして新しい世界に踏み出すのもよいでしょう。

2つ目はスキルアップを考えることです。

今後の人生でお悩みの方はスキルアップをするために資格取得にチャレンジするのはいかがでしょうか?

50代になって勉強はキツイと言われる方も多いかと思います。

ですが、50代の方は今後の人生で有益になるものの選定ができる能力が出来てますので遅くはないスタートです。

自分が何をしたいのかわからない【学生別】

学生生活では、今後自分の人生設計を考える重要な時期であると考えましょう。

まず、学生は自分は何が好きなのか、どういう性格なのか、自分自身をよく知ることです。

学生で自分自身がよくわからない人は、先生や先輩などいつも見てくれている方に相談してみるのがよいでしょう。

その時になって始めるのでは、遅い世の中になってきています。

行動にスピード感を持ち、先手先手の行動を意識しましょう。

ここでは、中学生から大学生までの何をしたいのかわからない人へのアドバイスをしていきます。

自分が何をしたいのかわからない【中学生】

中学生は、まだ自分の将来を考えるという面ではかけ離れている年代です。

中学生が今考えるべきポイントを2つあげていきます。

1つ目は身近な人に相談することです。

中学生の年代では、まだまだ良いこと悪いことの判断が難しい年頃だと思います。

周りには正しい道へ導いてくれる方々がたくさんいるのではないでしょうか?

頼りにできる方を判断して積極的に悩みを相談していきましょう。

いい方向へと導いてくれるはずです。

2つ目は将来のことについて考えることです。

中学生からでも将来設計をたてるのに早すぎることはありません。

早いうちにチャレンジしておくことで、たとえ失敗しても修正ができますしチャレンジすることで今まで見えることが無かった新しい分野の発見も期待できます。

将来設計をたてて、目標に向けた行動をしていきましょう。

自分が何をしたいのかわからない【高校生】

高校生はこれからの人生プランで進むべき道の選択を強いられる重要な時期です。

高校生の年代が一番何をしたいのか悩む時期ではないでしょうか?

悩んだときに参考にしてほしいアドバイスは2つです。

1つ目は正確な情報を取得することです。

就職や進学で情報を探すときは、正しい情報を取得するのが難しいです。

インターネットは情報取得が簡単ではありますが、情報の多さが混乱を招くことがあります。

情報の多いインターネットより、お勧めするのは実際に通勤通学している方に聞くことが一番いい方法です。

高校生なら自身の学校の卒業生が一番良い相談先になるのではないでしょうか?

正確な情報を取得して、自分の不安を解消しましょう。

2つ目は自分のアピールポイントを明確にすることです。

自分のいいところを知っておくのは、自身が成長したり、やりたいことが見つかった場合に自分を積極的にアピール出来ます。

人は魅力ある人間に寄ってきやすいものです。

自分の魅力をしっかりと理解して、自信をもってアピールしていき大勢の方をひきつけましょう。

自分が何をしたいのかわからない【大学生】

大学生の場合は、同年代に社会生活で成功している方も出てきますし周りが就職活動で決まっていき、焦りが出て来ていませんでしょうか?

大学生の悩みに対するアドバイスは2つです。

1つ目はアルバイトをすることです。

大学生は学費や生活費を捻出するためにアルバイトしている方も多いのではないでしょうか?

アルバイトは社会生活に慣れるという部分でとてもいい勉強になります。

さまざまなアルバイトにチャレンジをして自身にあった職種を探すことで何をしたいかが明確になります。

2つ目はスキルアップすることです。

大学生活でスキルアップして自信を持って行動しましょう。

大学生活では日々の勉強は充実してますが、サークル活動もありますよね。

サークル活動はその分野を好きな方が集まっています。

活動の中で好きなものが見つかり、進む道を発見できるきっかけをつかむことが出来ます。

サークル活動を利用して自身のスキルアップをしましょう。

行動を起こすための環境を整える

行動を起こす際には環境を変えることも重要になってきます。

今ある環境を変えることで見えてくる景色や、考え方や価値観にも大きな影響が出てきます。

日本国内だけではなく、海外に目を向けてみたり転職を考えてみるなどさまざまな方法で環境を変えることは可能です。

行動できていない自分に足りてないものは何なのかを明確にして、行動を起こせる環境を作っていきましょう。

行動するための環境づくりは以下の通りです。

優先順位をつける

行動するために優先順位をつけることは、最短で目標を達成することに繋がります。

物事に緊急性や重要性をつけて行動することを意識しましょう。

緊急性と重要性と考えたときにこのような優先順位になるでしょう。

緊急性もあり重要性もある

 ↓

緊急性はあるが重要性はない

 ↓

緊急性はないが重要性はある

 ↓

緊急性もないし重要性もない

以上のように緊急で重要性の高いことから手を付けていくことで効率的な環境づくりをすることが出来ます。

時間管理を見直す

時間管理をする上で重要となってくるのはスケジュール管理をして習慣化するということじゃないでしょうか?

スケジュール管理では自身の行動に無駄がないように時間を管理して、そこから習慣化することで行動の質をあげていくことが必要です。

最初から厳しいスケジュールを組むのでは意味がありません。

継続できない時間管理をしても意味がありませんので、継続できる能力をつけ行動していきましょう。

外部からのサポートを受ける

外部の方に自身の環境に変化を与えてもらうのはいい方法です。

方法を3つあげてみます。

  • カウンセリングを受けること
  • 仲間のグループを作ること
  • セミナーに参加すること

1つ目はカウンセリングを受けることです。

心理カウンセラーや自身が行動出来ない根本的な原因を追及してくれる専門家に相談してみてはいかがでしょうか?

行動できない理由として心理的な面は大きな要因となります。

心理的な部分で、ストップをかけているものは何なのかをカウンセリングしてもらいメンタルを向上させていきましょう。

2つ目は仲間のグループを作ることです。

分かり合える仲間を作るというのは重要です。

自身が悩んでいることを仲間と話し合うことが新たな解決方法へ繋がる糸口になるのではないでしょうか?

信頼できる仲間を見つけて仲間同士で未来を切り開きましょう。

3つ目はセミナーに参加することです。

セミナーは有益な情報を手に入れることができたり、無料でセミナーを受けることができます。

コロナ渦の影響により、オンラインで自宅に居ながらセミナーを受けることが可能になっています。

自分の悩みにあったセミナーに積極的に参加して行動するためのきっかけにしてください。

やりたい事を見つける方法

自分がやりたいことを見つけるには、事前に情報をみつけることや、すぐ行動することを意識してください。

やりたいことを見つける方法は数多くあります。

今の自分には何が必要か、不必要なものは何なのかを明確にして行動することで自分が何をするべきなのかを明確にしていきましょう。

ここではやりたいことを見つける方法を4つ紹介していきます。

やりたいことを見つける方法
  • 大切にしている物の順位づけ
  • 自己分析をする
  • 興味あることを書く
  • やりたくないことを書く


大切にしている物の順位づけ

大切なものを見つけるために重要なことに順位付けするのはいかがでしょうか?

初めからやることのハードルを上げすぎてはいないでしょうか?

今、自分自身がまず取り組まなければならないこと、何が自身にとって一番大事なのかを理解することは、行動の質を上げることができます。

初めに簡単なものから順位をつけ、少しずつレベルをあげていき最終的にゴールを目指す。

物事に順位をつけて行動しましょう。

自己分析をする

自己分析をして自分自身の現状について知っておくことが重要です。

自分にとって知っておくべきことは2つです。

1つ目は自分の能力を知ることです。

自分が今どの程度の能力があるのか知ることで自分は何をしなければならないのか明確になります。

今伸ばすべきところや、自分の弱点を追及しましょう。

2つ目は自分にあった職を探すことです。

自分にあった職が見つかれば進むべき道が見えてきます。

職探しは将来設計にとって重要な問題になるので、自分のイメージをしっかりと持ち行動に出していきましょう。

興味のあることを書く

行動するために興味あることを書き出すのがよいでしょう。

自分が好きなことや趣味、興味があることは考えていて楽しいものです。

自分が興味ある分野を探して、自分が何をしたいのか、自分の長所や興味ある事、強みなど自分が出来ることを書面に残してみましょう。

そうすれば、いつでも見返すことができ、取り掛かるスピードにも違いが出てきます。

興味ある事に順位をつけて行動に起こしてやりたいことに対して適切に取り組んでいきましょう。

やりたく無いことを書く

何をしたいかわからない人はやりたいことを知っておくことはもちろん重要ですが、やりたくない、苦手意識がある、やり方がわからないなどを明確にする必要があります。

やりたくない事をやっても行動のスピードも遅くなりますし、仕事の質も下がります。

行動の質を下げていては、やりたいことへの明確な答えが見えなくなってしまうのです。

これからの自分がやらなければならない事への効率化のためにも、自分がやりたくないことも理解しておきましょう。 

自分が何をしたいかわからない人におすすめの趣味

趣味を持つというのは、人との出会いや新しい環境へ進む良いきっかけになるものと考えて良いでしょう。

共通の目標を持った方との出会いは良い情報や自身のメンタルを引き上げてくれるものとなります。

趣味を有効的に活用し、進むべき道とメンタルを上げるため自分一人で抱え込まず仲間を頼ることも考えましょう。

趣味は個人によっておすすめできる内容が違ってきますので、身体を動かすのが好きな方など趣味によっての考え方を説明していきます。

筋トレ

筋トレはシンプルで、努力が目に見えやすいトレーニングです。

筋トレは最初にどうなりたいか、どの部分を鍛えたいか目標を立て目標に向けて鍛えていくので行動できない人にはおすすめです。

ジムに通えば、トレーナーが目標を設定してくれる手助けをしてくれます。

目標の立て方を勉強するのにも良いですし、目標を達成するための頑張り方も身につくのです。

筋トレで自分の身を磨きながら、目標に向かって行動するという意識を持ちましょう。

日記やブログ

日記を書くことで自分の考えや自分の目標とすべきことを確認することができます。

毎日日記をつけておき、迷ったときに日記を見直すと過去と現在を照らし合わせることが出来て、行動の質が良くなってきます。

日記をつけるポイントとして自分が好きなデザインの手帳や筆記用具選びからこだわってみるのもよいでしょう。

自分のこだわりの道具を使うことで日記をつけることの楽しみやメンタルを上げることにも繋がります。

ちょっとした工夫を取り入れてみてください。

料理

行動できない人は料理を趣味としてみるのはいかがでしょうか?

料理は何を作るのか、盛り付けや味付けについてなど目標を明確にする勉強にもなります。

自分がやってみたい盛り付けやメニューをネットまたはレシピ本で探してみるのもやりたいことをリサーチする能力を鍛えます。

自分のために作るのも良いですが、他人を料理でもてなし笑顔で食べてくれることや、意見をくれることもあるでしょう。

そういった意見をもらうことで新たな目標ができるのです。

スポーツ(球技)

球技は個人競技もありますが、チームでプレイするものが多いです。

サークルやクラブ活動、町のスポーツ行事などさまざまな部分でリフレッシュを目的としたスポーツがあります。

はじめての競技ですと迷惑がかかるのではと不安に思う方もいるかとは思いますが、初心者クラスのあるスポーツクラブであれば気を使うことなく参加できます。

初心者同士ですと、一緒に成長していくことができ自分がどのレベルにいるのかも明確になるのでおすすめです。

散歩

散歩をするのは、直接的な行動ですので効果的です。

散歩をすることでいろんな発見も出来ますし行動範囲も広がります。

新しい店を発見し通いつめたりいろんな出会いが見つかることで、自身にとって将来についての発見ができる可能性があります。

新しい発見をすることによって、次はあのお店に行こうとか別の道で散歩をしてみようなど新たな目標ができます。

そういった気づきという面を鍛えることが出来るのが散歩の良いところではないでしょうか?

一日の中で散歩する時間を設けて、リフレッシュと新しい発見をしてみてください。

自分が何をしたらいいかわからない時のまとめ

自分が何をしたいかわからないときのアプローチ方法は、以下通りです。

自己分析や自分自身の性格、価値観を振り返り、自己理解を深めることで自分に合ったやりたいことを見つけることができます。

日記やブログを書く日々の出来事や感情を書き留めることで、自分自身の気持ちを整理し、自分にとって本当に大切なものを見つけることができます。

そのほか料理を通して、自分が好きな味や食材、料理法を見つけることができ、自分で作った料理を楽しむことで自分自身の満足感も得られます。

何をしたいかわからないときには、まず散歩中に出かけ新しい景色や建物、お店などを発見することを発見するのも良いです。

これらの方法をためして見ることで新しい発見が出来るかもしれません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次